清流日本コンソーシアム 
循環型農林業ぎふモデル推進協議会事務局
(合同会社 清流日本)

新着情報

  • 2018.10.08 菌床キクラゲ、キヌガサタケの生産事業者募集開始
  • 2018.08.08 ハルカインターナショナルが日本で初めてキヌガサタケの食用栽培に成功。ネットショップベイスで試行発売
  • 2018.06.27 合同会社清流日本は、東京会議所の会員企業に登録されました。
  • 2018.05.16 「企業農園」参加企業の受付を開始しました。
  • 2016.12.22 砂漠緑地化プロジェクトの構想が野村総合研究所主催「学生小論文コンテスト2016」(世界を変える、新たな挑戦)の大学生部門大賞(最優秀賞)に選ばれました! 出品したのはハルカインターナショナル社経営井上九州男さんの長女、井上はるかさん(早稲田大学在学中)です。特別審査員を務めたジャーナリスト池上彰さんたちから称賛と激励の言葉を頂きました。

砂漠緑地化ビジネス。その主役はオーガニックなキノコ菌床です。

有機JAS認証取得のキノコ生産販売会社ハルカインターナショナル(岐阜県郡上市和良町)。世界にたぐいまれな、この生産技術を生かして挑むのが砂漠緑地化ビジネスです。その参加企業と学究機関の共同事業体が、清流日本コンソーシアム。同じく、キノコ菌床を生かした循環型農林業の国内モデルが東京オーガニックとなります。以上の事業の旗振り役が、合同会社清流日本代表の野村克之(元岐阜新聞社執行役員、ハルカインターナショナル専務取締役)です。
UAE連邦政府農業関係者にキノコ菌床の活用を説明するハルカインターナショナル社

CONTACT

 地球最後のフロンティア、砂漠。人間を寄せ付けない過酷な環境の地を緑地に変えることができないか。そんな夢に挑むのが合同会社清流日本の社業です。見捨てられた日本の森林資源でつくる有機キノコ菌床を、中東に輸出し、キノコを生産販売するとともに、廃棄菌床を現地の砂地農業のたい肥などに活用するというビジネスモデルです。さあ、皆さん、清流日本の志士として挑んでみましょう!

PAGE TOP