清流日本コンソーシアム 
循環型農林業ぎふモデル推進協議会事務局
(合同会社 清流日本)

菌床の活用事例

菌床の活用事例

ハルカインターナショナル社で不用になったキノコ菌床は現在、大手流通の直営農場の畑地のたい肥として活用されています。食品残さと菌床などを混合、発酵させ、優良なたい肥としての機能を高めています。大手商社も着目し、自社グループ内で研究を開始しました。また、オーガニックな平飼い養鶏農家では、鶏のエサや、養鶏場の敷材として活用を開始。たい肥のトレサビリティ―も問われる有機JAS農家では、国内唯一の有機JAS菌床を畑地のたい肥として実証栽培を始めるなど、続々と活用が広がっています。

CONTACT

 地球最後のフロンティア、砂漠。人間を寄せ付けない過酷な環境の地を緑地に変えることができないか。そんな夢に挑むのが合同会社清流日本の社業です。見捨てられた日本の森林資源でつくる有機キノコ菌床を、中東に輸出し、キノコを生産販売するとともに、廃棄菌床を現地の砂地農業のたい肥などに活用するというビジネスモデルです。さあ、皆さん、清流日本の志士として挑んでみましょう!

PAGE TOP