国産干しシイタケ普及協会設立

  • Home
  • 国産干しシイタケ普及協会設立

まず、学校給食の産地偽装を是正しましょう。

合同会社清流日本と、シイタケ種菌の種苗法品種登録メーカー、株式会社ハルカインターナショナル、同社の協業社などは8月11日に一般社団法人・国産干しシイタケ普及協会を設立しました。目的は国内に流通する干しシイタケが長年にわたって、中国産が混入されたり、中国産が全量にもかかわらず、国産とする産地偽装が行われている実態の是正に努めるため、です。

一部業界や業者の法律違反、不正行為は、生シイタケの産地偽装と同様、以前から指摘され、正常化を図る業界団体や農水省が是正活動や摘発に努めています。産地や安全性が偽装された干しシイタケは特に学校給食に大量使用されており、子供たちの食の安全が常に脅かされています。

協会では全国の学校給食会、栄養士など関係者に意識啓発のための広報活動を始めるほか、偽装常態化の要因となっている国産干しシイタケの供給不足の打開について、関係団体・企業、流通で連携を深めていきます。協会事務局は東京都中央区日本橋2-1-17、丹生ビル2階、に設置します。