砂漠緑地化ビジネスの活動経過

  • Home
  • 砂漠緑地化ビジネスの活動経過

活動の拠点をイスラエルへ

2013年秋、私たちは初めて中東地域、そしてUAEの拠点都市、ドバイに赴きました。現地で開かれた経済フォーラムの席上、キノコ菌床を活用した砂漠緑地化ビジネス(desert greenig business)の構想が公表されました。
以後、5年間、現地駐在の大手商社、大手銀行の各幹部の皆様の、心温まるサポートを頂きながら、現地行政府などと折衝を進めてきました。
そして、2019年6月、ミスト灌漑ホースの発明によって、一躍、農業立国、IоT立国になったイスラエルに赴きました。国内南部の砂漠地域を農地化したい、農業の先進技術で世界ビジネスを展開したい、という現地農業者の熱い思いに触れました。
駐日イスラエル大使館経済部からも、積極的な情報提供や機会提供を頂いています。技術の中核、(株)ハルカインタナショナルの社業が大きな転機を迎える中、実証事業の準備に入っています。
イスラエル農業ビジネスマッチンング(2019年6月)に参加