清流日本コンソーシアム 
循環型農林業ぎふモデル推進協議会事務局
(合同会社 清流日本)

キヌガサタケの商用人工栽培に成功

国内初、ハルカインターナショナルの技術力を発揮

日本国内では初めてとなる、キヌガサタケの商用人工栽培に、有機JAS菌床キノコメーカー、ハルカインターナショナルが成功しました。キヌガサタケは、その優美な姿と希少性で「キノコの女王」と称されます。高級中国料理やフランス料理などに食材として使われますが、いずれも輸入乾燥品です。人工栽培に成功したキヌガサタケは、独特の芳香があり、フレッシュな食材としても優れた特質があります。
8月3日にはメディア向け、8月6日には一般事業者、研究者向けに現場説明会を開催致します。事前申し込みが必要です。当サイトの下記、コンタクト(問い合わせフォーム)に必要事項を記入、送信をお願い致します。
説明会はキヌガサタケの生長実態が理解しやすい午前9時から、となることをご了承ください。

CONTACT

 地球最後のフロンティア、砂漠。人間を寄せ付けない過酷な環境の地を緑地に変えることができないか。そんな夢に挑むのが合同会社清流日本の社業です。見捨てられた日本の森林資源でつくる有機キノコ菌床を、中東に輸出し、キノコを生産販売するとともに、廃棄菌床を現地の砂地農業のたい肥などに活用するというビジネスモデルです。さあ、皆さん、清流日本の志士として挑んでみましょう!

PAGE TOP